Blog&column
ブログ・コラム

神経痛の処方薬の種類について

query_builder 2020/12/22
コラム
assorted-medication-tables-and-capsules
神経痛の治療では、薬物療法が一般的になります。処方薬には様々な種類がありますが、症状や痛みの程度に合わせて適切な薬を処方します。
そこで今回は、神経痛の処方薬にはどのようなものがあるのかご紹介します。

▼NSAIDs
NSAIDsには、鎮痛・解熱・抗炎症作用がある薬のことを指します。一般的に痛み止めとして処方されています。

▼神経障害性疼痛治療薬
神経障害性疼痛治療薬は、主に神経痛の治療に使われている薬です。
神経物質が過剰に放出されることで神経痛が起こるとされていますが、この神経障害性疼痛治療薬は神経物質の放出を抑えてくれるので痛みが緩和します。

▼抗うつ剤
抗うつ剤は、ノルアドレナリンやセロトニンなどの神経伝達物質が細胞に取り込まれるのを防いで、痛みを鎮めてくれます。

▼オピオイド
オピオイドは痛みが激しい場合に処方される薬です。鎮痛作用が非常に強いので、他の薬では効果がない時やがん治療の際の痛みに対して使われることも多いです。

▼鎮痛補助薬
もともとは痛みに対する治療を目的に作られた薬ではないですが、痛みの治療に使用されている薬のことを鎮痛補助薬といいます。
鎮痛補助薬には、血管拡張薬や抗不整脈薬、筋緊張弛緩薬など様々な種類があり、鎮痛のメカニズムも異なります。
痛みが激しい場合やNSAIDsなどでは効果がない場合に使われます。

▼まとめ
神経痛の処方薬には様々な種類があり、症状によって適切なものを処方しています。
鎮痛薬などは薬局でも買うことができますので、気軽にご相談ください。

NEW

  • 便秘の漢方は大吉漢方にお任せ!

    query_builder 2020/09/11
  • 耳鳴りの治療はどのように行う?どんな薬が耳鳴りに効くの?

    query_builder 2020/08/26
  • アレルギー反応とは?アナフィラキシーショックってどういう症状?

    query_builder 2020/08/26
  • アレルギー疾患とは?どんな物がアレルゲンになる可能性があるの?

    query_builder 2021/07/15

CATEGORY

ARCHIVE